×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

そもそも食材とは何か

食材(しょくざい)とは、料理の材料となる食品である。
一般に生鮮食品とよばれるものであり、一旦でも調理されたものは
加工食品と称される。材料と同じ。フジテレビの『料理の鉄人』で
使用された語で、改訂(第五版)『広辞苑』に収められた。

ほとんどの食材は、動物または植物である。我々は生物を消費する
ことによって、体内で合成不可能な栄養とエネルギーを得ている。
液体の食材でそのまま摂食可能なものは飲料と呼ばれる。

食材の多くは常温で保管すると、腐敗が進行してしまう。このため、
塩蔵、乾燥、薫煙、発酵、など様々な方法で食材の貯蔵性を高める
工夫が古来より行われてきた。 冷蔵庫の登場で、これらの食材は
新鮮な状態のまま長く貯蔵できるようになった。

基本食材について

* 動物を起源とするもの:
o 肉
o 魚介類
o 卵
o 乳
o 骨、軟骨
* 植物を起源とするもの
o 穀物 - 粉
o 野菜/山菜
o 果物
o ハーブ
o 海藻
* その他
o 調味料
o 油脂
o 乾物
* 食品添加物


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサードリンク

[PR]  円形脱毛症 視力回復 方法 時系列データ 青汁 早漏 FX 比較 ボトックス リンパマッサージ わきが 簡単ダイエット